ビットフライヤーライトニングのやり方とは

 

何ができるの簡単なの?

 

 

ビットコイン祭りで、あまり聞きなれない言葉いろいろ出てきます。

 

ビットフライヤーライトニング(bitFlyer Lightninng)

 

という言葉もあまり耳馴染みがないですよね。

 

 

でも、気になりますよね。。

 

知っておかないと、なんだか儲かるチャンスをミスミス逃しているかもしれない。

 

そんな思いがよぎっちゃいますよね。

 

 

という訳で今回は「ビットフライヤーライトニングのやり方」

 

についてお届けします。

 

 

 

ビットフライヤーライトニングとは

 

まず、ビットフライヤーライトニング(bitFlyer Lightning)って何?

 

ですよね。

 

 

これは、ザックリ言いますと、ビットコイン等の現物取引ができるツール、取引所です。

 

ビットフライヤーライトニングFXや先物もありますが、

 

初心者の場合はやめておいた方がいいと思います。

 

 

まず、初心者の場合はビットコイン等の現物取引をするのがいいです。

 

 

レバレッジや空売り等、訳わからないままやってしまうと、

 

かなり危険ですので、最初のうちは現物取引に徹しましょう!

 

 

 

ビットフライヤーライトニングのやり方(見た方と使い方)

 

ビットフライヤーの口座を作ってログインすると上に画面になります。

 

 

ビットフライヤー口座開設方法はこちらをご参考ください。

 

関連記事:ビットフライヤーの始め方☆口座開設や登録のやり方は初心者でも簡単

 

 

ビットフライヤーログイン後の画面で左側の赤丸部に、

 

ビットフライヤーライトニング(bitFlyer Lightning)があります。

 

これはなんぞや?

 

とクリックすると、以下の画面が現れます。

 

 

初めてだとこういう画面が出た瞬間ドン引きすると思います。

 

でも、そんなに難しいものではないです。

 

順番に説明しますので、うろたえなくてOKですよ。

 

 

①チャート(画面の赤枠部)

これはチャート(相場推移)ですね。

 

上の画像では、ビットコインの日足が表示されています。

 

このチャートの足は

 

1分、3分、5分、15分、30分、

 

1時間、2時間、4時間、6時間12時間、

 

1日、3日、1週間

 

で選択できます。

 

 

初心者であれば、1日以上の長いスパンで全体的な動きを眺めるぐらいでOKです。

 

取引にも慣れ、デイトレするぞ!

 

とかになると、どんどん短くしていくことになります。

 

 

最終的には1分足でリアルタイムで画面にらめっこという状態に陥りがちです。

 

その状態がいいのかわるいのかは、なんとも言えませんが、

 

初心者の場合は、そんな超短期の売買はしないほうがいいと思います。

 

なので、1日足以上のチャートをのんびり眺めるぐらいにしておきましょう。

 

 

②板情報(画面青枠部)

これもリアルタイムで売り気配、買い気配が表示されます。

 

デイトレをする場合、これをにらめっこすることになりますが、

 

初心者の場合は無視でOKです。

 

 

初めて投資をすると、こういう板情報やチャートが、

 

気になって仕方なくなると思います。

 

 

しかし、嵌ると仕事も手につかなくなり、寝不足にもなっちゃいます。

 

初心者の場合は、余剰資金で長期ほったらかしという感じの投資でいいのではと思います。

 

 

 

③売買(画面黄枠部)

初心者の場合、使うのはこの売り買いボタンぐらいでOKです。

 

指値、成り行きという発注ができます。

 

現物取引ですので、まずは買いから入ることになります。

 

 

最小売買単位は0.001 BTCです。

 

1ビットコインの価格が160万円の場合、1600円の軍資金が必要です。

 

画面では試しに最小単位である0.001BTCを成り行きで買ってみました。

 

即約定し、晴れてビットコインホルダーになりました!

 

 

成り行きとは、いくらでもいいからすぐ買いたいという時に使います。

 

指値とは、ここまで下がったら買うなど、価格を指定して買う方法です。

 

 

④注文画面(画面緑枠部)

これは指値等の注文状況です。

 

例えば、先程試しに買った0.001BTCを170万円になったら売る等

 

の注文を入れると、ここに表示されることになります。

 

 

⑤取引履歴(白枠部)

これは、実際の売買履歴ですね。

 

画面では、試しに買った0.001の履歴が出ています。

 

ちなみに売買手数料は0.01 – 0.15%です。

 

 

ビットフライヤーライトニングは何ができるの簡単なの?

ビットフライヤーライトニングは簡単にいうと

 

ビットコイン等の売買をチャートや板情報をみながら簡単にできる

 

というものです。

 

 

画面を見た瞬間ドン引きしそうですが、腰を据えてみると簡単ですよね。

 

恐れるものではありません。

 

 

ただ、チカチカ動き回る板情報やチャートに嵌ってしまうと、モニターの前から

 

離れられなくなっちゃいます。

 

 

なので、初心者の場合は、あくまでも、最悪全部飛んでもOKな余剰資金で

 

長期スパンでやるのがいいと思います。

 

 

ようは、

 

余剰資金全部飛ぶリスク < 仮想通貨祭り乗り遅れ(チャンス取り逃がしリスク)

 

という考えで、のんびりやるのがいいのではないでしょうか。

 

 

ちなみに

 

ライトニングFX(Lightning FX)もありますが、

 

初心者の場合は手を出さないようにしておきましょう。

 

 

これは、レバレッジを使えるのと売りからも入れますので、

 

慣れた人間がやると資金効率が圧倒的に有利になりますが、

 

飛ぶリスクも上がります。

 

 

わけわからない場合ままやると、リスクが高いので初心者のうちは、

 

現物取引に徹しましょう。

 

 

 

まとめ

今回は『ビットフライヤーライトニングのやり方とは☆何ができるの簡単なの?』についてお届けしました。

 

まとめます。

 

■ビットフライヤーライトニングとは

⇒ザックリ言いますとビットコイン等の取引所、売買ツール

 

■ビットフライヤーライトニングのやり方(見た方と使い方)

⇒うろたえなくてもOKですが、嵌らないように。

 

■ビットフライヤーライトニングは何ができるの簡単なの?

⇒ビットコイン等をチャートや板情報を見ながら売買できる。

 

 

 

この手のツールは株やFX経験者なら、見飽きてると思います。

 

ガッツリ取引している場合は、このチカチカ動き回る画面に興奮しちゃいますよね!

 

 

でもでも、嵌り過ぎると仕事も手につかなくなるし、寝不足にもなります。

 

くどいですが、余剰資金で長期ほったらかし、のんびりやるのがいいと思います。