仮想通貨はハードウォレットでリスクに備えておきたい!

 

知らないと損!

 

 

コインチェックによる540億円相当の仮想通貨ネムが流出した事件から、

 

はや1ヶ月近く経ちますが、ネムを換金した人間を警察が事情を聞いているなど、

 

事件解決に向けての進展はあるようです。

 

 

しかし、実際コインチェックでネムを持っていた人からすれば、

 

いまだに返金は行われていないし、

 

気が気ではない日々が続いていることでしょう。

 

 

こんな目に合わないよう、ハードウォレットについてお届けします。

 

 

 

仮想通貨のリスクに備えておきたい

 

多くの人が泣いて、仮想通貨の怖さを思い知ったわけですが、

 

やはり世の中、泣いている人がいれば、

 

その裏では必ずと言ってよいほど喜んでいる人もいるのが常。

 

 

今回の場合、喜んでいる側にいるのは、ハードウェアウォレットを製造、

 

販売する人ではないでしょうか?

 

ネム流出騒動以降、飛ぶように売れていると言われているハードウェアウォレット、

 

いったいどんなものなのでしょうか?

 

 

 

仮想通貨のハードウォレットって何?

 

そもそもハードウェアウォレットってなんなの?

 

って思っちゃいますよね。

 

 

バカ売れしていると言われているハードウェアウォレットって何なのでしょうか?

 

日本語に直訳すると、「お財布装置」ってことになりますね。

 

 

ハードウェアウォレットとは、

 

仮想通貨を保管してあるウォレット(保管所)を開ける暗唱番号みたいなものを

 

保管しておくところ。

 

 

そのまま番号なりを出していたらすぐにハッキングされて、

 

今回の流出騒動のようなことがいつ起こるやも分かりません。

 

 

そのため、このハードウェアウォレットによって、

 

第3者に分からないよう暗証番号を暗号化するものです。

 

 

 

仮想通貨のセキュリティ対策は抜かりなく!

 

仮装通貨は、ローラさんのCMで、ローラさんが幽霊に間違えたように、

 

「あるけど見えないもの」。

 

つまり、紙幣のような目に見えるものはなく、

 

インターネット上で数値として取引するだけのものなので、

 

ハードウェアウオレットに、ビットコインなどの仮想通貨

 

そのものが入っているわけではなく、

 

それを開けるための鍵(暗証番号)を暗号化して入っているだけなので、

 

万一ハードウェアウオレットを紛失や盗難になっても実害は受けづらく、

 

セキュリティ上でも極めて安全なのです。

 

 

話題の仮想通貨アイドルも

 

「ハードウォレットも作って忘れるな!2段階認証」

 

とうたっているように、仮想通貨を始めるにあたって

 

マストアイテムとなっているハードウェアウオレット。

 

 

今回のコインチェックの件で、人気化、早い者勝ち、奪い合い状態で品薄。。

 

 

 

ハードウォレットの購入については、こちらを参考にしてください。

 

↓  ↓  ↓

 

レジャーナノsはどこで買うのがお得なの?最安値で購入できる販売店は?

 

 

 

 

 

まとめ

今回は、仮想通貨はハードウォレットでリスクに備えておくべき!についてお届けしました。

 

 

今、騒動の真っただ中ということもあって、

 

家電量販店やネットショップでは売り切れ続出しているハードウェアウオレット。

 

 

仮想通貨は、仮想とは言え、実質お金なわけだから、備えあれば患いなし!

 

持っておくべきものでしょう。